ガイドマップ『島根でしかできない50のこと(英語版/繁体字版)』の5つのポイント

 

島根の魅力を外国人目線で伝える。

 

島根県観光振興課様と作成したガイドマップ『島根でしかできない50のこと(英語版/繁体字版)』がリリースとなりました。東西約230キロに広がる島根。隠岐の島も含む県全域から島根でしかできない50のことをタイムアウト東京が独自の切り口で紹介しています。欧米系の外国人観光客の誘致への貢献を目的とした英語版。台湾からのFITをターゲットとした繁体字版の2言語での展開です。企画制作にあたり以下の点に留意しました。

 

①外国人目線の『TO DOスタイル』

隠岐の島を含む広域エリアから、定番のスポットとローカルの知るニッチなスポットをバランス良く選出。外国人目線で取り上げたこれらのスポットを独自の『TO DO スタイル』のガイド手法で紹介しています。

②『島根で過ごす12時間プラン』

『12 HOURS IN SHIMANE』 と題し、広島駅から松江に至る12時間観光プランを紹介しています。ルート案内にはスポットを訪れる際に利用するべき最適の移動手段(徒歩、バス、自転車、タクシー)をイラストで提案。外国人旅行者が気軽に楽しめるコースを具体的に提示することで、島根へのおでかけをインスパイアしています。また、欧米からの個人旅行者が多いという島根県の観光トレンドに合わせた内容となっています。

③より楽しむためのTIPS

島根をより楽しむための3つのTIPS、1.最近の観光では欠かせないインスタグラムのベスト撮影スポット、2.日本一の美肌温泉といわれる玉造温泉をより楽しむための情報、3.お得な外国人向け優待チケット情報を紹介しています。

③わかりやすいアクセス情報

訪日外国人に『島根』はどこにあるのか、どうやって行けばよいのかを分かりやすく伝える必要があります。本ガイドマップでは表4を活用し、主要空港から島根への空のアクセス情報、広島から島根へのバス、もしくは、鉄道を利用する場合のアクセス情報を掲載しています。

④台北での繁体字版マップの配布

今回のターゲットである台湾からの観光客にリーチするために、台北の富錦街にあるタイムアウト東京の媒体配布ポイントで繁体字版マップの配布を行います。常に日本に興味のある台湾人が訪れるこの配布場所ではこれまでも札幌マップ繁体字版の配布を行い、反響を得た実績があります。台湾のライフスタイル・ウェブマガジン『haveAnice』とも連携して繁体字版マップを紹介しています

⑤しまねっこをフィーチャー

島根県の人気キャラクター『しまねっこ』が表紙に登場してくれました。

 

『島根でしかできない50のこと(英語版/繁体字版)』についての詳細はこちら

 

スタッフクレジット:

◎コンテンツ・ディレクター
東谷彰子

◎取材・執筆・編集
泉友果子
三木邦洋

Ili Saarinen
小山真弓

◎フォトグラファー
谷川慶典

◎デザイン
橋本真由美

 

 

タグ: , , , , , , , , , ,