『Love Tokyo Awards 2017』開催、東京のベストを発表

国内の外国人ネットワークと海外都市タイムアウトを活用したプロモーション

 

2017年11月2日、『 Time Out Love Tokyo Awards 2017』の授賞式を渋谷ヒカリエ ヒカリエホールBにて開催しました。『Love Tokyo Awards』は2016年に始まった、タイムアウト東京、電通、JTBコミュニケーションデザインの3社で行うイベントです。「リアルな東京」を世界に発信し、世界ブランドにすることを目的としています。

イベントでは、2017年の東京で最も注目を集めたレストラン、バー、ショップ、プロダクトや、アクティビティ、東京に影響を与えた人物に大賞を発表。オリジナリティやサービスなどの審査基準に沿ってタイムアウト東京が選出したノミネートを、タイムアウトのグローバルネットワークから選ばれた6都市のエディターが事前に来日して審査、その年のベストを決定しています。

また、今年の授賞式では経済産業省と連携した特別企画『Love Fukushima Awards』も展開。復興と再生に向かって進む福島の現状について発信しました。福島の魅力を取材した動画『10 Things to do in Fukushima』の発表とともに、同省の取組み『福島WAKU-WAKUプロジェクト』に総合プロデューサーとして携わり、プライベートでも度々現地に足を運ぶ放送作家の鈴木おさむ様にも登壇いただきました。

授賞式では、大使を始めとする大使館関係者など多くの東京在住外国人の方が集まり、昨年に引き続き国際色豊かなイベントとなりました。式後のアフターパーティも受賞者とゲストの交流の場として盛り上がりを見せていました。

今後の施策としては、審査に来日したエディターが各都市のウェブサイトやマガジンに執筆するレポート記事を計画。在京外国人をターゲットとした授賞式だけでなく、世界のタイムアウト読者へのグローバルプロモーションを行うことで、タイムアウトブランドを最大限活用したプロジェクトとなっています。2020年に向け、『Love Tokyo Awards』は来年以降もより一層パワーアップして展開される予定です。

 

『Love Tokyo Awards 2017』特設サイトはこちら

『Love Tokyo Awards 2017』についての記事はこちら

『Love Tokyo Awards 2017』Behind the scenes動画:

タグ: , , , , , , , , , , ,