メディアラインナップ

2017年2月28日16時21分

グローバル時代の都市生活者ライフスタイルに沿った

マルチプラットフォームの展開で

ユーザーのおでかけを提案します。

 

 

ウェブサイト

タイムアウト東京は2009年の設立より日英バイリンガルでウェブサイトを運営してきました。2016年の平均月間閲覧回数400万PVのうち5割以上が英語サイトの閲覧、また英語サイトユーザーの7割が海外からのアクセスとなっており、東京や日本に関心を持つ国外のファンが多く集まるサイトです。レストラン、ショッピング、アート、ナイトライフ、LGBTなどジャンルを横断的にコンテンツを構成することで、新たな発見や出会いを創出し回遊性を高めます。ユーザープロフィールの詳細はこちら

 

アプリ

タイムアウトのグローバルアプリは、旅のプランナーとして地元でも世界でも使える旅行ガイドです。ホーム画面で40以上あるリストから都市を選択し、それぞれの都市のレストランやバー、イベントやこの週末にしかできないことを検索することができます。タイムアウト東京のアプリページは英語と日本語の2言語で展開。普段のおでかけも旅行先でも、タイムアウトのアプリひとつで新たな出会いや発見をユーザーに提供します。タイムアウトアプリの詳細はこちら

 

マガジン

英語版マガジンは2013年10月に創刊以来、季刊誌として年4回発行しています。発行部数は8万部、羽田空港国際線ターミナルや渋谷区観光案内所、都内ラグジュアリーホテルのコンシェルジェデスクなど、外国人観光客の多く集まる場所で配布されています。海外でのタイムアウトの高い認知度により、訪日外国人観光客や東京在住の外国人を中心に国内外から厚い支持を集めてきました。中国語版マガジンは2015年に創刊し、繁体字、簡体字で各5万部を年2回発行しています。空港やラグジュアリーホテルといった日本国内での配布のほか、タイムアウト北京/上海マガジンへのはさみ込みや、台湾における旅行社、BEAMS店舗、現地若者に人気のカフェFujin tree 353 CAFE by Simple Kaffaなどでの配布を実施してきました。配布場所の詳細はこちら

 

ガイドマップ

タイムアウトのガイドマップシリーズは累計発行部数450万部以上にのぼり、訪日外国人の定番ガイドマップとして人気を博しています。2012年3月に発行をスタート。2017年2月現在、都内10エリア以上、1商業施設、都外7エリアをカバーしてきました。このガイドマップは「●●でしかできない●●のことマップ」と題し、その街やエリアでしかできないことを外国人目線で取り上げ、タイムアウト独自の「TO DO スタイル」で紹介することで、街の探索と発見を促します。従来のガイド手法ではなく、「TO DO スタイル」を採用することでユーザーの行動を喚起し、回遊を促進します。

 

カフェ&ダイナー

世界初のタイムアウトブランドを冠したカフェ『タイムアウトカフェ&ダイナー』を恵比寿にて2009年春にオープン。若者層を中心にクリエイティブな異文化交流の場を提供しています。『タイムアウトカフェ&ダイナー』の詳細はこちら

 

LOVE TOKYO AWARDS

2014年にタイムアウトロンドンで始まった『LOVE LONDON AWARDS』は、ロンドンのシティプライドを喚起する市民参加型アワードです。2015年からはロンドン市が協賛で参加し、市長が動画でロンドナーに参加を促すなど、ロンドン全体を巻き込むイベントとなっています。パリ、ニューヨーク、リスボンなど2016年現在は7都市において開催され、東京も2016年に第1回目の『LOVE TOKYO AWARDS』を開催しました。『LOVE TOKYO AWARDS 2016』では、タイムアウト東京編集チームがレストラン、カフェ、バー、ショップ、プロダクト、アクティビティ、フェイスオブ東京の7つのカテゴリーにおけるノミネートを厳選。ロンドン、ニューヨーク、クアラルンプール、バンコク、北京、香港の6都市から選ばれたタイムアウトエディターが来日し、審査を行いました。今後もリアルな東京の魅力を世界に伝えるアワードとして毎年開催していく予定です。『LOVE TOKYO AWARDS 2016』の特設サイトはこちら